2010年05月22日

<普天間移設>「閣議了解応じず」首相に伝達 福島担当相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相と首相官邸で会談した。福島氏は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に滑走路を建設する政府対処方針に対し、「沖縄県内の海をつぶして基地を造ることには了解できない」とし、閣議了解に応じない考えを直接伝えた。首相は「今後も話し合いを続けていきたい」と述べた。会談は福島氏の要請で行われた。福島氏は「地元の反対がある中でやれば、米国に対する反感も出る」と指摘した。

 政府は、キャンプ・シュワブ沿岸部に滑走路を建設するほか、鹿児島県・徳之島などに部隊か訓練の一部を移す分散案を検討している。平野博文官房長官は政府方針の閣議了解に向け調整してきたが、閣議了解には閣僚の署名が必要。福島氏の反対で困難になったことから、平野氏は17日の記者会見で、閣議了解をせずに「首相発言」にとどめる可能性に言及した。

 与党内調整が難航していることから、政府は当面、日米合意を先行させる。外務、防衛両省は17日、外務省で在日米大使館の担当者と課長級の実務者協議を開催し、週内には審議官級協議を開く方針。今月下旬にはクリントン米国務長官が来日する予定だ。【西田進一郎、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:「首相発言」で決着も 閣議了解から後退
普天間移設:鳩山首相「厳しい状況は分かっている」
普天間移設:防衛相が訪米へ「5月末決着、鮮明に」
普天間移設:滑走路300メートル拡幅案示す 官房長官
普天間移設:社民、閣議了解応じず「5月末決着」に異議

民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
青木幹雄氏が脳梗塞“参院のドン”引退決断(スポーツ報知)
<水道事業>東京都などが検討の海外展開 総務省が「OK」(毎日新聞)
<H2A>打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離(毎日新聞)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
posted by ムライシ マサヒロ at 02:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。