2010年04月21日

アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」(産経新聞)

 【ロンドン=木村正人】アイスランドの火山噴火による火山灰は17日未明までに東欧、ロシア上空に達し、ロイター通信によるとロシアやエジプトを含む26カ国で空港閉鎖や欠航などの影響が出た。民間航空管制機関協会(本部アムステルダム)は「混乱は数日続く恐れがある」との見方を示しており、経済的損失は「数億ドル(数百億円)以上に達する」(米メディア)との懸念も広がる。

 英BBC放送によると、17日未明の時点ですべての空港が閉鎖されたのはフィンランド、オランダ、ハンガリーなど10カ国。他に英国、ドイツ、フランス、イタリアなど10カ国でも主要空港が閉鎖されている。

 15、16の両日で2万6千便以上が欠航となった。

 英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は17日も全便を欠航。アイルランド格安航空ライアンエアも19日昼まで欧州北部を飛ぶ便をすべて欠航する。米デルタ航空が北米便を欠航するなど混乱は続いている。

 BAは1日につき1千万〜2千万ポンド(14億1千500万〜28億3千万円)の損失が出ると試算。国際航空運送協会(IATA)は航空会社の減収が1日当たり2億ドル(約184億円)以上となるとの見通しを明らかにした。火山灰による空港閉鎖や欠航が長引けば損失はさらに拡大しそうだ。

 一方、英国と欧州大陸を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」はロンドン発パリ、ブリュッセル行きは16日、3万8千人以上が乗車するなど満杯の状態。ドーバー海峡を結ぶフェリーの乗客が急増、ドイツでは車で移動するためレンタカーの借り出しが殺到している。

 英国ではこの時期、イースター(復活祭)休みを利用して修学旅行を行う学校も多く、帰国の予定が遅れている。同国に拠点を置く日系企業の間では混乱が長引くことへの懸念が広がっている。

【関連記事】
天災なんの!岡田監督、モスクワ到着
アイスランド火山噴火 航空業界1日2億ドル減収
江田参院議長のポーランド弔問中止
「9・11以来」世界の空が大混乱
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田
外国人地方参政権問題に一石

大型連休中の外遊見送り=鳩山首相、「普天間」に専念(時事通信)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
高速通信も全国一律化検討=総務省(時事通信)
posted by ムライシ マサヒロ at 03:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。