2010年06月19日

力士野球賭博 武蔵川理事長、角界浄化を誓う(毎日新聞)

 角界の異常事態は、いつまで続くのか。野球賭博への関与を認めた大相撲の大関・琴光喜関(34)ら協会員の賭博問題で、日本相撲協会が15日、東京・両国国技館で緊急理事会を開いた。名古屋場所の維持員席での暴力団観戦問題で、木瀬部屋が閉鎖されるなどの処分が行われてから、わずか半月余り。会見した協会の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は、「ウミを出し切る」と強い決意で角界浄化を誓った。

 午後1時から約1時間半の理事会後、会見場に現れた武蔵川理事長は今回の不祥事を謝罪。維持員席問題に続き、今回の野球賭博にも暴力団の影がちらつくだけに、「暴力団との付き合いは一切させないし、しない。性根を入れて協会全体として取り組んでいく」と語った。会見中は時おり顔をこわばらせ、終始厳しい表情を浮かべたままだった。

 琴光喜関の師匠である佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)は理事会で、琴光喜関の当面の謹慎と名古屋場所(7月11日初日)の出場辞退を申し出た。理事会終了後に両国国技館の外で取材に応じた佐渡ケ嶽親方は、身長190センチを超える大きな体を丸めて「世間をお騒がせして申し訳ありません」と頭を下げ、目をうるませながら「部屋として師匠として、出場辞退を申し入れました」と語った。出場辞退は、親方自身の判断という。「(琴光喜関は)現役続行できるのか」との問いには「それは……」と言葉を濁し、神妙な表情のまま車に乗り込み、国技館を後にした。

 理事会に出席した多くの親方たちは、「私から何も申し上げられない」などと固く口を結んだ。しかし、あるベテラン親方は「1場所休場」という責任の取らせ方に不満の様子で、「引退させるぐらいの気持ちでないと。(琴光喜関が当初は賭博への関与を否定していたことへの釈明がなかったのも)おかしいだろ」と首をかしげていた。【大矢伸一、高橋秀明、藤野智成】

【関連ニュース】
大相撲:琴光喜、名古屋場所の出場辞退 野球賭博関与
大相撲:佐渡ケ嶽親方、涙の謝罪 琴光喜の野球賭博関与で
相撲協会:琴光喜の賭博関与知らず 文科省に「否定」
大相撲:野球賭博29人関与 36人が花札、マージャン
大相撲:琴光喜が野球賭博関与を認める 協会に上申書提出

<みんなの党>ジャーナリストの吉田氏擁立 参院比例代表(毎日新聞)
<名古屋市役所>帝冠様式の本庁舎「国重文」目指し調査着手(毎日新聞)
「なっちゃんを助けて!」 拘束型心筋症の7歳女児 渡航移植の募金を呼び掛け(産経新聞)
iPad向け、本の「格安」電子化業者が出現(読売新聞)
<準天頂衛星>1号機 8月2日に種子島から打ち上げへ(毎日新聞)
posted by ムライシ マサヒロ at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。