2010年04月29日

<検察審査会>鳩山首相「不起訴妥当」も説明に強い疑念表明(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体を巡る偽装献金事件で、東京第4検察審査会は、不起訴処分を妥当とする一方、関与を否定する首相の説明に対する強い疑念を表明し、首相の聴取を見送って上申書の提出で済ませた東京地検特捜部の捜査にも疑問を投げかけた。「政治とカネ」を巡る厳しい民意の表れと言える。

 佐久間達哉特捜部長は昨年12月に元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)を起訴した際の会見で「必要と考える捜査はすべて行った」と説明したが、当初から検察内部では、首相の聴取に消極的な意見が大半だった。総額12億円余に上る資金を提供した実母の聴取も「高齢」であることを理由に見送られた。

 こうした特捜部の姿勢に対しては、以前から「首相側への配慮」との批判があった。検察審査会の審査の焦点も、首相が実母から毎月1500万円もの資金援助を受けながら、本当に知らなかったかどうかだった。

 結果として、審査会は「不起訴を覆す証拠がない」として処分を妥当と結論付けたが、「素朴な国民感情として、知らなかったとは考えがたい」という意見が少なからずあったという。首相と特捜部は、こうした付言を重く受け止めるべきだろう。

 一方で、審査会は、資金管理団体の代表者である政治家は、会計責任者の「選任及び監督」の双方で過失がなければ立件できないとされている政治資金規正法の在り方にも言及し、法改正の必要にまで踏み込む付言をつけた。こうした意見は、政治資金規正法の改正論議にも影響を与える可能性がある。【大場弘行】

 ◇「政治家立件にハードル高く」検察幹部

 検察審査会の議決について、ある法務・検察幹部は「首相の共謀を示す証拠はない。冷静に判断していただいたと思う」と胸をなで下ろすように語った。一方で「政治資金規正法の共謀の有無はきわめて専門的な話。審査員の方にとっても判断が難しかったのではないか。今後もこうした一喜一憂が続くのだろうか」と不安を口にした。

 別の検察幹部は規正法の選任・監督規定に対する審査会の批判について「この規定で政治家を立件するにはハードルが高く、今では成立した過程もよく分からない。審査会は法改正を求めているが、我々に何かできるわけではないので国会で議論してもらうしかない」と話した。

【関連ニュース】
検察審査会:鳩山首相「不起訴相当」の議決 偽装献金事件
福知山線脱線:JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士
偽装献金:鳩山首相元公設秘書に有罪 東京地裁判決
明石歩道橋事故:元副署長を強制起訴 改正法に基づき初
明石歩道橋事故:元副署長を20日に強制起訴

米軍三沢基地F16、青森空港に2機緊急着陸(読売新聞)
<不正輸出>北朝鮮にピアノなど 広島の会社を家宅捜索(毎日新聞)
舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)
小沢氏「起訴相当」を議決=再議決なら強制起訴−陸山会規正法違反事件・検察審査会(時事通信)
<関西大>高橋、織田選手がスケート教室 (毎日新聞)
posted by ムライシ マサヒロ at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

<掘り出しニュース>東京・調布に「鬼太郎公園」誕生 看板は水木さん筆(毎日新聞)

 【東京】調布市に住む漫画家で名誉市民の水木しげるさん(88)の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」にちなんだ「鬼太郎公園」が同市富士見町に誕生し、18日お披露目された。

 以前は「石原小学校前公園」だったが改修工事が終了したのを機に改名した。「鬼太郎公園 水木しげる」と書かれた公園入り口の看板は、数百メートルのところに自宅がある水木さんが筆をとった。除幕式には長友貴樹市長や水木さんの弟の武良幸夫さん(85)も出席。水木さんの出身地、鳥取県境港市から駆けつけた着ぐるみの鬼太郎や石原小学校の児童たちも加わって除幕した。

 好天に恵まれ、NHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」人気も手伝って約700人が集まり、和太鼓の演奏などで盛り上がった。【森下功】

【関連ニュース】
雑記帳:愛称は「米子鬼太郎空港」
掘り出しニュース:水木しげるロード:隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体
松下奈緒:人生初の白むく姿を披露 出会って5日後に結婚式 「ゲゲゲの女房」
注目リリース:ポニーキャニオン、アニメ「悪魔くん」のDVD BOXを発売
注目ドラマ紹介:NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」松下奈緒が水木しげるさんの妻に 午前8時放送

来月15日、鹿児島入り=徳之島案実現へ検討−鳩山首相(時事通信)
世界禁煙デーに合わせ、5月末にシンポジウム―厚労省(医療介護CBニュース)
<FIS脱税>被告、額で一部争う姿勢 名古屋地裁で初公判(毎日新聞)
「外の敵は怖くない」=小沢氏(時事通信)
舛添氏、東国原氏と会談 新党構想に触れず 自民内で批判「オオカミ中年」だ(産経新聞)
posted by ムライシ マサヒロ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

天平衣装で平城宮を散策=奈良〔地域〕(時事通信)

 24日にオープンする平城遷都1300年祭のメーン会場・平城宮跡(奈良市)。その中心・第一次大極殿前の広場を散策できる貸し出し用の天平衣装が完成、このほど公開された。
 男性が「朝服」と呼ばれる文官の衣装、女性は女官の衣装で、ともに樹脂製。当時のものを忠実に再現しつつ、なるべく着やすいようにアレンジした。更衣室に着方が書いてあり、5分程度で着替えられる。料金は1時間300円。
 衣装は男女とも二種類で、日替わりで交代するため、どちらの衣装になるかは当日のお楽しみ。モデルを務めた運営スタッフの女性は、「ちょっと恥ずかしいけど、歩きやすいし、大勢で着て歩いたら気にならないかも」と笑顔を見せた。 

<警察庁長官>北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)
「シカ捕りに行った」と供述=女も容疑認める−奈良県警(時事通信)
欧州の日本人も、成田の外国人もSOS(読売新聞)
<女性遺体>福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)
posted by ムライシ マサヒロ at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。